本当に良いのは、賃貸?マイホーム?

こんにちは(*´▽`*)

桧家住宅 鹿児島展示場 営業アシスタントの吉村です。

 

本日のざっくりタイトル。
「雑談(震災から8年)」
「家を建てるべきかどうか」

 

 

 

 

久しぶりに良い天気が続いております😳
皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

花粉症の方は晴れの日がお辛いことかと思います…
でも晴れの日は素直に嬉しいので喜びます!(笑)

 

昨日で東日本大震災から8年。

 

中学2年生だったあの頃、理科が大の苦手だったので、
どれほどの衝撃なのか分からなかったこと、
そして、クラスの頭の良い子の顔面がサーッとなったことを思い出します。

 

常日頃、「あと数秒後に死んでもおかしくない」と思ってはいるものの
「大丈夫でしょ」「なんとかなる」という気持ちの方が大きくて
まだまだ自覚が足りないなあ、と気づかされます。

 

まだ防災道具は一切と言っていいほど準備ができていません。
少しずつ、なるべく早めに準備したいと思います😔

 

使わないことを祈って…!

 

 

 

 

なんだか、ハウスメーカーっぽいタイトル!と思って
自分で設定しておきながら、笑ってしまいました(笑)

 

弊社では毎日朝礼で代表者が小冊子を音読するのですが
昨日は小冊子ではなく、「プレジデント」という雑誌の記事でした。

 

タイトルは”「老後はマイホームのほうが安心」というのは本当か?”という記事。

 

普段一戸建てのご案内をしている身でありながら、
本当にマイホームを作ることが一番なのか?と考えることもあり。

 

記事の内容を本当に簡潔にまとめると、
「どちらについてもメリット・デメリットはある!
 でも、老後も賃貸に住み続けて、お金あるの?マイホームのほうがメリット多いのでは?」
…と、少なくともわたしはこう理解しました。

 

ご夫婦の転勤の関係で、どうしても持ち家を作れない、どうせなら
すぐに引っ越せる賃貸のほうが良い、とお考えの方も多いかと思います。

 

でもそのまま60歳、70歳と住み続けるとしたら?
そうなると、必ず毎月の賃料がかかります。

 

正直、わたしたちの世代(20代~)が定年を迎えるころ、
年金が受給できるか分からない、という話をよく耳にします。

 

若い頃は苦でなかった階段の上り下りも、
歳を重ねるごとにしんどくなってくるのも事実。
賃貸はバリアフリーにも対応しておらず、改装なども勝手にはできません。

 

その点マイホームなら!
若いうちからローンを組み、早くに返済を始めれば、老後の建物の支払い金額は0円。

 

少しでも住みづらい、改善したいと思えばリノベーション・リフォームも可能。
ずっと一定額を支払い続けなければいけない賃貸と比べると、
支払いが完全に終わり自分の持ち物となった建物に一生住むことができるマイホーム。
(もちろん修繕等の費用は発生しますが…)

 

強制するわけでも勧誘するわけでもなく、あくまで一説です。
賃貸の方が、自分たちにあっている!というお客様も必ずいらっしゃいます。

 

もし、今後どうしたらいいか(マイホームをつくるべきかどうか)など
悩まれた際には、桧家住宅までお気軽にご相談下さい♪

 

 

 

 

展示場は明日、明後日とお休みを頂きます。
ご用の際は、☎099-285-1000(三洋ハウス)まで。
「桧家住宅に用がある」とお伝え頂けたらと思います。

 

また、本日は社内イベントのため勝手ながら17時半閉店とさせて頂きます。

 

三洋ハウスは本日18時半から明日の朝9時まで留守電となっておりますので
ご用の際は明日の9時以降にご連絡のほどよろしくお願い致します。

 

本日は2回目となるボウリング大会! またしても見学です😭
今回は前回とチーム編成が異なるようなので、カメラマン頑張ります!

 

それでは♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)